これから社員を採用しようと考えている社長さん。労働関係の法律や社会保険が苦手な社長さん。社員の労務管理に悩んでいる社長さん。日々奮闘する“小さな会社の社長さん”に最新の労務管理情報をタイムリーに発信!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは
横浜の社会保険労務士事務所
「社労士事務所みらい」社労士の中山です

労災保険は、労働者が業務中または通勤中に被った災害に対して保険給付を行う制度ですが、労働者以外でも労働者に準じて保護することが適当であると認められる場合には、特別に任意加入が認められています。

この「特別加入制度」の対象となるのは

①中小企業を経営する「中小事業主」
②個人タクシーなど労働者を使用せず事業を行う、いわゆる「一人親方」
③海外に出向させる「海外派遣者」  などです。

特別加入者に対する保険給付は「給付基礎日額」によって算出され、加入者本人が「給付基礎日額」を選択し、それに所定の保険料率を掛けて計算された保険料を支払うこととなっています。

この、「給付基礎日額」の選択の幅が、平成25年9月1日から変更となります。

20130903労災保険特別加入給付基礎日額変更

今まで20,000円だった上限額が、新たに22,000円、24,000円、25,000円まで選択できるようになりました。

なお、既に加入している方に関しては、来年度(平成26年度)から変更後の給付基礎日額が選択できます。

リーフレットは、下記URLよりダウンロードできます。

厚生労働省「9月から労災保険の特別加入者の給付基礎日額の選択の幅が広がります」リーフレットのダウンロードはコチラ




【関連ブログ】
平成24年度「脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状況」
平成24年の労働災害発生状況
「心の病」労災申請最多!3年連続の増加






スポンサーサイト

【2013/09/03 15:03】 | 労災
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。