これから社員を採用しようと考えている社長さん。労働関係の法律や社会保険が苦手な社長さん。社員の労務管理に悩んでいる社長さん。日々奮闘する“小さな会社の社長さん”に最新の労務管理情報をタイムリーに発信!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは
横浜の社会保険労務士事務所
「社労士事務所みらい」社労士の中山です

少し前になりますが、総務省では公務員によるツイッターでの不適切発言を受けて、再発防止の観点から「国家公務員のソーシャルメディアの私的利用に当たっての留意点」を取りまとめました。
作成には、大手法律事務所所属の弁護士協力のもと行われたようです。

20131022国家公務員のソーシャルメディアの私的利用に当たっての留意点

構成は下記の通りです。

1.はじめに
目的
ソーシャルメディアとは

2.ソーシャルメディアの特性

3.ソーシャルメディアの私的利用に当たっての留意点
(1)国家公務員として特に留意すべき事項
(2)その他一般的に留意すべき事項
  ①総論
  ②事実に反する情報等
  ③事後対応
  ④安全管理措置
  ⑤特定のアプリケーションの動作


公務員だけではなく、最近は一般の企業においても、ソーシャルメディアを発信元とする不祥事が急増しています。
会社内のルール作りや、社内研修等の参考資料としてご活用ください。


詳しい内容は、下記のサイトより確認できます。

総務省「国家公務員のソーシャルメディアの私的利用に当たっての留意点」サイトはコチラ




スポンサーサイト

【2013/10/22 18:51】 | その他
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。