これから社員を採用しようと考えている社長さん。労働関係の法律や社会保険が苦手な社長さん。社員の労務管理に悩んでいる社長さん。日々奮闘する“小さな会社の社長さん”に最新の労務管理情報をタイムリーに発信!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは
横浜の社会保険労務士事務所
「社労士事務所みらい」社労士の中山です

国税庁では、平成24年分「民間給与実態統計調査」の結果を公表しました。
この調査は、昭和24年分から始まり、以後毎年実施されており今回が第64回目にあたります。
従業員1人に事業所から、従業員5,000人以上の事業所まで幅広く調査しているのも、この調査の特色です。

20131031平成24年民間給与実態統計調査の概要

調査項目の中で「平均給与」を見てみると

○1年を通じて勤務した給与所得者の1人当たりの平均給与は408万円(対前年比0.2%減)
○男女別にみると、男性502万円(同0.4%減)、女性268万円(対前年同水準)
○平均年齢は44.9歳、平均勤続年数は11.6年。

正規・非正規について

○1年を通じて勤務した給与所得者の1人当たりの平均給与は正規468万円(男性521万円、女性350万円)、非正規168万円(男性226万円、女性144万円)となっている。


調査結果の詳細は、下記のサイトで確認できます。

国税庁 平成24年分民間給与実態統計調査結果について サイトはコチラ




【関連ブログ】
東証一部上場企業の2013年年末ボーナスの妥結水準調査
平成25年「民間主要企業夏季一時金妥結状況」
平成25年度「地域別最低賃金」が出揃いました








スポンサーサイト

【2013/10/31 16:28】 | 賃金・賞与
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。