FC2ブログ
これから社員を採用しようと考えている社長さん。労働関係の法律や社会保険が苦手な社長さん。社員の労務管理に悩んでいる社長さん。日々奮闘する“小さな会社の社長さん”に最新の労務管理情報をタイムリーに発信!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは
横浜の社会保険労務士事務所
「社労士事務所みらい」社労士の中山です

民間のシンクタンク機関である産労総合研究所では、2013年度「教育研修費用の実態調査」を取りまとめました。
この調査は、1976年(昭和51年)以降、ほぼ毎年、企業の教育研修費用の実態を調査しています。

20131031 2013年教育研修費用の実態調査

調査結果のポイントは、下記の通りです。

1.従業員1人当たりの教育研修費用
2012年度の実績額は1人当たり3万6,054円。規模間格差は縮小。
2013年度の予算額は1人当たり4万2,462円。

2.教育研修費用総額の今後の方向性
教育投資の見通しについては、「現状維持」49.1%、「今後は増加」37.7%。

3.各種教育研修の実施状況
実施率が高い教育研修は、階層別教育では新入社員、初級管理者が8割超、中堅社員教育も8割弱。
職種・目的別教育では選抜型幹部候補者教育が4割強。

4.グローバル人財育成に向けた施策
約半数の企業が外国語習得促進に取り組む。
内容は「自己啓発援助」のほか、「社内講座の開講」、「語学資格取得奨励金」など。


調査結果の詳細は、下記のサイトからご覧いただけます。

産労総合研究所 2013年度教育研修費用の実態調査 サイトはコチラ





スポンサーサイト

【2013/10/31 17:00】 | 人事労務管理
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。