これから社員を採用しようと考えている社長さん。労働関係の法律や社会保険が苦手な社長さん。社員の労務管理に悩んでいる社長さん。日々奮闘する“小さな会社の社長さん”に最新の労務管理情報をタイムリーに発信!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは
横浜の社会保険労務士事務所
「社労士事務所みらい」社労士の中山です

労働災害による死傷者数は、昭和53年をピークに減少傾向にありますが、「小売業」、「社会福祉施設」、「飲食店」といった第三次産業では増加傾向にあります。
厚生労働省では、労働災害の減少を目標として、飲食店における労働災害発生状況、災害事例とその傾向と対策をまとめました。

20131106飲食店向け労災防止のためのポイント

目次は次のようになっています。

1.飲食店における労働災害の発生状況
2.原因別の労働災害の傾向と対策
①「転倒」による労働災害
②「切れ、こすれ」による労働災害
③「高温・低温の物との接触」による労働災害
3.4S活動
①整理
②整頓
③清掃
④清潔
4.労働災害事例

店舗内の労災防止のため、ぜひお役立て下さい。

詳細は、下記のサイトよりダウンロードできます。

厚生労働省「飲食店を経営する皆さまへ 労働災害の防止のためのポイント」サイトはコチラ




【関連ブログ】
9月から変更となった「労災保険特別加入者の給付基礎日額」
平成24年度「脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状況」
平成24年の労働災害発生状況








スポンサーサイト

【2013/11/06 11:12】 | 労災
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。