これから社員を採用しようと考えている社長さん。労働関係の法律や社会保険が苦手な社長さん。社員の労務管理に悩んでいる社長さん。日々奮闘する“小さな会社の社長さん”に最新の労務管理情報をタイムリーに発信!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは。
横浜の社会保険労務士事務所
「社労士事務所みらい」社労士の中山です。

トレンドマイクロ株式会社は、2015年度に向けて就職活動を実施予定の学生107名および社会人248名に対して、「就活生と社会人のSNS利用とプライバシー意識に関する調査」を2013年11月に実施しました。

20140204就活生と社会人のSNS利用とプライバシー意識

調査結果の概要は、下記の通りです。



1.不特定多数への公開投稿
○日々の出来事を不特定多数に公開している:就活生82.2%、社会人54.8%
○一日に2回以上SNSに投稿する:就活生59.8%、社会人19.8%
○SNSに投稿する際、情報公開の範囲を「意識していない」:就活生35.5%、社会人29.4%

2.写真投稿によるプライバシー侵害
○SNSに他人の写真を投稿した経験がある:就活生49.5%、社会人35.1%
○勝手に自分の写真をSNSに投稿された経験がある:就活生49.5%、社会人24.6%
○勝手に自分の写真を投稿されて「不快」と感じた:就活生58.5%、社会人70.5%

3.インターネットの炎上問題
○自分のまわりに炎上問題のリスクはない:就活生53.3%、社会人45.2%




やはり、就活生と社会人ではSNS利用に対する意識に差があるようですね。
今後、新社会人の教育には、SNS教育が必須になるのでしょうか・・・。

詳しい内容は、下記のサイトでご覧いただけます。

トレンドマイクロ株式会社 「就活生と社会人のSNS利用とプライバシー意識に関する調査」 サイトはコチラ




【関連ブログ】
厚生労働省が取りまとめ「若者の意識に関する調査」
国家公務員のソーシャルメディアの私的利用に当たっての留意点







スポンサーサイト

【2014/02/05 23:59】 | その他
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。