FC2ブログ
これから社員を採用しようと考えている社長さん。労働関係の法律や社会保険が苦手な社長さん。社員の労務管理に悩んでいる社長さん。日々奮闘する“小さな会社の社長さん”に最新の労務管理情報をタイムリーに発信!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは。
横浜の社会保険労務士事務所。
「社労士事務所みらい」社労士の中山です。

先日、厚生労働省では、平成26年度の雇用保険料率を告示しました。

20140206平成26年度の雇用保険料率を告示


平成26年度の料率は、前年度据え置きで下記の通りです。

○一般の事業・・・1.35%
○農林水産・清酒製造の事業・・・1.55%
○建設の事業・・・1.65%


雇用保険料率は、労使折半で負担する失業給付等の料率に、事業主が負担する雇用保険二事業の料率を加えたものです。

保険料率の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

厚生労働省 平成26年度の雇用保険料率を告示 サイトはコチラ




【関連ブログ】
雇用保険の育児休業給付金 給付率67%に引き上げか?
雇用保険の給付額が変更になります
雇用保険被保険者離職証明書の「離職理由欄」が変わります







スポンサーサイト

【2014/02/06 16:55】 | 雇用保険
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。