FC2ブログ
これから社員を採用しようと考えている社長さん。労働関係の法律や社会保険が苦手な社長さん。社員の労務管理に悩んでいる社長さん。日々奮闘する“小さな会社の社長さん”に最新の労務管理情報をタイムリーに発信!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは。
横浜の社会保険労務士事務所。
「社労士事務所みらい」社労士の中山です。

株式会社インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」では、転職支援サービスを利用したビジネスパーソン約5万人を対象に、「転職した年齢についての調査」を行いました。

20140226転職した年齢についての調査

長らく「35歳転職限界説」が言われていましたが、その実態が大きく変わってきたことが、今回の調査で明らかになりました。

調査結果から見えたトレンドは・・・。


○転職成功者の平均年齢は右肩上がり、過去最高の31.3歳に
転職者の平均年齢は、2008年1~3月期の29.2歳から右肩上がりで、2013年10月~12月期は過去最高の31.3歳となりました。

○35歳以上の割合は大きく増加
調査開始時に比べ、「25~29歳」の割合は減少(49.2%→40.3%)。
一方、「35~40歳」(8.0%→14.3%)、「40歳以上」(2.5%→9.3%)の割合は大きく伸びています。


企業がミドル層の採用に積極的になったのは、ここ2~3年。
世の中の急速な変化に合わせ、新規事業や新たな市場の開拓が必要になったことを受け、若手の育成だけでは追いつかず、社外から高い専門スキルを持つミドル層を即戦力として採用するようになったことが大きな要因と分析しています。
また、能力主義の広がりによって「年下の上司」の存在が受け入れられつつあることなども後押ししていると解説しています。


詳しい内容は、下記のサイトよりダウンロードできます。

株式会社インテリジェンス 転職サービス「DODA(デューダ)」調べ 転職成功者の平均年齢は31.3歳、6年前より2.4歳上昇 ダウンロードはコチラ




【関連ブログ】
女性の転職活動調査「転職で実現したいこと」
転職理由調査 2012年上半期
転職して良かったこと・後悔したこと







スポンサーサイト

【2014/03/03 23:30】 | 雇用・採用
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。