これから社員を採用しようと考えている社長さん。労働関係の法律や社会保険が苦手な社長さん。社員の労務管理に悩んでいる社長さん。日々奮闘する“小さな会社の社長さん”に最新の労務管理情報をタイムリーに発信!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは。
横浜の社会保険労務士事務所。
「社労士事務所みらい」社労士の中山です。

厚生労働省では、同じ集団を対象に毎年実施している「中高年者縦断調査(中高年者の生活に関する継続調査)」の第8回(平成24年)結果を取りまとめました。
この調査は、平成17年10月末に50~59歳であった全国の中高年者世代の男女に対して、家族の状況、健康の状況、就業の状況などを継続的に調査しています。
今回は、調査開始時の60歳以降の就業希望と、実態がどのようになっているのかなどについて分析しています。

20140311第8回「中高年者縦断調査」の結果

調査結果のポイントは、下記の通りです。


1.今回60~64歳の者の就業希望と実態
第1回調査時(7年前)に、「60~64歳は仕事したい」と希望していた者のうち、今回実際に「仕事をしている」男は81.2%、女は66.3%

2.今回65・66歳の者の就業希望と実態
第1回調査時(7年前)に、「65歳以降、仕事したい」と希望していた者のうち、今回実際に「仕事をしている」男は67.5%、女は57.5%

3.仕事のための免許・資格取得の有無と就業状況
第1回調査時(7年前)に「60~64歳は仕事をしたい」と希望していた、現在60~64歳の者のうち、今回実際に「仕事をしている」割合は、免許・資格を「取得したことがある」男が82.9%、女が69.9%


調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

厚生労働省 第8回「中高年者縦断調査(中高年者の生活に関する継続調査)」の結果 サイトはコチラ




【関連ブログ】
労働契約法の「無期転換申込権発生までの期間」に関する特例
平成25年「高年齢者の雇用状況」集計結果
東京経営者協会が取りまとめた「高年齢者雇用安定法改正への対応に関するアンケート調査」








スポンサーサイト

【2014/03/17 23:30】 | 雇用・採用
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。