FC2ブログ
これから社員を採用しようと考えている社長さん。労働関係の法律や社会保険が苦手な社長さん。社員の労務管理に悩んでいる社長さん。日々奮闘する“小さな会社の社長さん”に最新の労務管理情報をタイムリーに発信!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは。
横浜の社会保険労務士事務所。
「社労士事務所みらい」社労士の中山です。

株式会社インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」では、中途採用者の選考に当たり重視している能力について、採用担当者1,000人にアンケートを実施しました。

20140318中途採用で企業が求める能力、対人理解力が最多

調査結果の概要は、下記の通りです。


【全体】もっとも重されているのは「対人理解力」
「伝達・説明力」「論理的思考力」「対人理解力」「自己認知力」「協調性・柔軟性」「自律性・一貫性」「達成志向」「ストレス耐性」のうち、中途採用の担当者が最も重視しているのは「対人理解力」(24%)、次いで「協調性・柔軟性」(18%)、「伝達力・説明力」(17%)という結果です。

【職種別】「対人理解力」最重視の営業・販売 企画職、技術職との違い顕著に
職種別に中途採用において重視されている能力をみると、まず、「営業」と「販売/サービス」は、人と接することがメインの仕事であるため、「対人理解力」がそれぞれ2位の項目に10%以上の差をつけ、圧倒的に重視されています。
一方、「企画・管理」、「ITエンジニア」、「モノづくり系エンジニア」、「金融専門職」では「論理的思考力」が最も重視されています。
特に「金融専門職」では「論理的思考力」(33%)の高さが顕著で、金融工学や金融数学など、専門知識としての論理性が求められていることが表れています。
また「金融専門職」では、9職種中、唯一「ストレス耐性」が上位5項目にランクイン。大きな額のお金を扱う仕事も多く、高いプレッシャーがかかることが影響しているようです。


なお、中途採用者の能力面は、面接での受け答えで判断しているとのこと。
特に今回の調査で多くの職種に重視されていた「対人理解力」や「伝達力・説明力」は、「質問の意図を的確にとらえ、過不足なく答えているか」という観点で判断されるとのことです。



調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

株式会社インテリジェンス 転職サービス「DODA(デューダ)」中途採用担当者1,000人調査 サイトはコチラ




【関連ブログ】
転職成功者の平均年齢31.3歳 崩れる「35歳転職限界説」
転職理由調査 2012年上半期








スポンサーサイト

【2014/03/24 23:30】 | 雇用・採用
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。