これから社員を採用しようと考えている社長さん。労働関係の法律や社会保険が苦手な社長さん。社員の労務管理に悩んでいる社長さん。日々奮闘する“小さな会社の社長さん”に最新の労務管理情報をタイムリーに発信!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは。
横浜の社会保険労務士事務所。
「社労士事務所みらい」社労士の中山です。

厚生労働省では、20代の男女を対象とした「21世紀成年者縦断調査」の調査結果を取りまとめました。
この調査は、調査対象となった男女の結婚、出産、就業等の実態及び意識の経年変化の状況を継続的に観察し、少子化対策等の施策の立案、実施のための基礎資料を得る目的として実施されています。

20140320 21世紀成年者縦断調査の概要

調査結果の概要は、下記の通りです。


1.独身者の結婚意欲
結婚意欲がある独身男性は、結婚意欲がない者に比べ、結婚した割合が高い
20代独身女性の結婚意欲は、10年前に比べ正規・非正規ともに増加

2.独身者の交際状況
20代独身の交際異性ありは、女性で37.2%、男性で25.5%
正規・非正規別にみると、男女とも、正規で交際異性ありの者の割合が高い

3.独身女性の結婚後の就業継続意欲
結婚後も就業継続をしようと答えた独身女性は、結婚を機にやめるなどと答えた者に比べ、結婚前後で同一就業継続している割合が高い
20代独身女性の結婚後の就業継続意欲は、10年前に比べ正規では「結婚を機にやめる」が減少、「考えていない」が増加し、非正規では「結婚した後も続ける」が減少


女性にとって、結婚を機に仕事を辞めるか、それとも続けるかは、大きな問題かと思います。
調査結果からは、就業継続と答えた割合は正社員が4割、非正規社員が2割台でした。
育児休業等の制度面での格差が、この結果に反映されているのかもしれませんね。

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

厚生労働省 第1回21世紀成年者縦断調査(平成24年成年者)及び第11回21世紀成年者縦断調査(平成14年成年者)の概況 サイトはコチラ




【関連ブログ】
厚生労働省が取りまとめ「若者の意識に関する調査」
2013年新入社員を対象とした「新人・若手の意識」に関する調査







スポンサーサイト

【2014/03/25 23:30】 | その他
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/19(Tue) 18:47 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/23(Sat) 07:15 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。